利便性と安全性を考えた「キッチン・バス・トイレのリフォーム」は、お気に入りの設備からもお選びいただけます。

TEL: 0787825696

キッチン・台所のリフォーム

楽しく元気に生活するためのダイニングキッチンを作る!

キッチンリフォーム
システムキッチン、電磁調理器、食洗器など、様々な選択肢が広がる分野です。 給排水の位置や、ガス管、電気回線など、現場に合うようにリフォームする必要がありますので、現場確認をしながらのご相談になります。
希望の設備に現場を合わせて改造するのか、現場の制約に合わせた中から設備を選ぶかによって、ご予算も工期も大幅に変わってきます。

メリットとデメリット

ガスコンロのメリット・デメリット
ガスは既存の設備のまま、器材交換だというで低コストでのリフォームが可能なメリットがあります。 また調理器具も大抵のものが利用でき、自動消火設備などの安全面も高い器具が出てきています。
電気・ガス・水道という基本光熱費は必要で、特に煮炊きが多いご家庭ではガス料金の節約が難しい面が出てきます。
IHのメリット・デメリット
オール電化にして光熱費を抑える事が可能です。 また電磁調理器具を使った調理も性能がよくなり、掃除のしやすさと安全面が評価されています。
オール電化は給湯設備等も変更する必要があり、リフォームにコストがかかる場合があります。 電磁調理機器には電磁波の影響があるという意見もあり、健康面を不安視する声も聞かれます。

ガスとIHの性能比較

掃除 -- IH > ガス
IHは凹凸が無い天板のため、拭き掃除でのメンテナンスが容易です。
安全性 -- IH > ガス
ガスコンロも安全装置は付いていますが、火の危険性は残ります。
火力 -- IH < ガス
特に炒め物はガスです。 イカナゴを炊く際にもガスがお勧めです。
【IHを使う際の注意点】
IHはペースメーカーを入れている方には、専門医師とよく相談の上使用されることをお勧めします。

キッチンリフォームの止水期間

キッチンの入れ替え等を伴う施工では、何食か(約1~2日間)はお弁当や外食で賄っていただきます。

浴室・洗面のリフォーム

明日の力を養い、一日の疲れをリフレッシュする快適空間!

浴室・洗面リフォーム
マンションの場合、浴室の大きさに制限がかかります。 戸建の場合は、水周りの全面改装が可能な場合もありますが、本当に必要なリフォームなのかも検討して実施される事をお勧め致します。 特に浴室は一日の疲れを癒す場所であり、快適性と機能性を重要視しながらご提案したいと考えております。
洗面台のリフォームは、浴室ほど選択肢は複雑ではありません。 サイズ、使い勝手等を重視し、ご希望に近い形で施工可能だと思います。

小さなお子様から高齢のご両親まで安全に快適な浴室へ・・

浴室・洗面リフォーム
ユニットバスの交換リフォームは、単に綺麗にするだけではなく、安全性にも配慮したリフォームがお勧めです。
  • 段差の少ない床と浴槽の高さを揃えたお風呂
  • 転んでも怪我をしにくい柔らかな素材の床材
  • ヒートショックを和らげる浴室暖房や冷えない床
  • 手摺りや浴室マイクでリビングとの会話も可能
ヒートショックからご高齢の方を守る
心筋梗塞などによる浴室での死亡事故などは多く発生しています。 特に温度の変わりやすい冬場などには、浴室や洗面所を温めて部屋との温度差を少なくする事で、事故防止に繋がります。
ウネ住のリフォームは快適性だけを求めるのではなく、住まわれる方の安全性と快適性、そして利便性などを総合的に解決できるプランをご提案致します。

温度差の無い浴室

浴室が寒くて年配の親が心配で対処法は?
浴室には「ヒートショック」という健康面での問題を不安視される方が多くおられます。
『ウネ住お勧めのリフォームプラン』
  1. 暖房機を設置する
  2. ユニットバスに変える
ユニットバスには「床・壁・浴槽に断熱材入り」のものもありますし、気密性が高く材質がタイルに比べて冷たくなりにくい特徴があります。

浴室リフォームの止水期間

施工内容により、数日間(1日~3日程度)は銭湯を利用していただく可能性もあります。

トイレは機能性やメンテナンス性を考える

掃除にまで気を配った機能性とメンテナンス性を兼ね備えたトイレリフォーム!

トイレリフォーム
便器の交換、和式から洋式への変更など、ウォシュレットの取り付けなど、様々なリフォームがあります。 またタンクの水漏れや使用上の不具合などもお気軽にご相談ください。
洋式便器への交換やバリアフリー化に関しては、「介護保険適応工事」にできる場合もあります。 詳しくはご相談時にスタッフにお尋ねください。

助成金の利用も視野に・・

トイレや敷居などバリアフリーにしたいのですが介護保険は使えますか?
国の補助金と市の補助金があり、場合によっては両方使う事が可能です。 詳しくは当社担当スタッフにご確認ください。

トイレリフォームの止水期間

数時間はトイレを使用する事ができなくなりますが、トイレのみ止水しますので他の水栓箇所は使用可能です。
ページトップへ